成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



高知時代。

いつもの様に市内のアーケード(路上)で歌っていた。

しばらくして、地元の歌唄いの友人がきて

「あんた、トレイシーチャップマン知っちゅうろ?」

「好きやろ?」っと言う。

「ん?トレイシー???」

「知らんで」っと僕は言う。

「あんたの歌でその人に似ちゅう曲があるがよ」

そう彼は言った。

「あんたの~…、そう LITTLE BOYよ 」

そう言って彼は、そのトレイシーさんの曲を歌ってくれた。

凄くいい曲だった。

確かにどこか似ている気がした。

でもその時は、まだどこか遠い存在だった…。

しばらく経ったある日、とある古着屋で服を見ていた。

すると店内に流れるBGMがやけに気になった。

渋い低い声。

良く聴いてみると、どっかで聴いたことがある曲…、

そうあの友人が歌ってくれた曲だった。

あっ、トレイシーだ!

はじめて本人の声を聞いた瞬間だった。







トレイシーチャップマン。

【Talkin'Bout A Revolution】。

彼女が奏でる、深く壮大な世界にしばし呆然と立ち尽くした。

とてもとても近い存在に感じた。

僕のLITTLE BOYは、何も考えず、自分のイメージだけを

ただひたすら追い続け生まれた曲である。

その時は、トレイシーというシンガーの名前も曲も知らない。

存在すら知らなかった。

聴いた事のないシンガー。

でも本当に嬉しかった。

日本ではなく、遠い異国の地の誰かと共鳴しているような気分だった。

いつか会えないかな。

参った事に、妄想は膨らんだ。

同じような感覚なのかな。

いつか話したいなと。






実は、もう一人同じような気持ちになった人がいた。

イーグル アイ チェリー。

【SAVE TONIGHT】。

東京に上京した年。

吉祥寺:井の頭公園(路上)で歌っていた時…

僕の曲を聴いてくれたあるお客さんが、

「あの~あなたの曲と もの凄く似ている人がいるんですけど…」

「あなたの~、その、サンシャインライトという曲…」

「えっ、誰っすか?」っと僕は言う。

その時、彼女が教えてくれたシンガーこそ

イーグル アイ チェリーだった。

そしてその【SAVE TONIGHT】という曲は、

僕の サンシャインライト という曲と確かに似ていた。

また、あの時と同じだ!

そう思い彼女にCDを借り何度も何度も繰り返し聴いた。

不思議な音のつながりを感じた。

トレイシーもイーグルアイチェリーも

共通して言える事は、

僕のやりたい事を僕より遥かに大きなクオリティーと

世界観で創り上げていた。

それが余計に嬉しさを増した。





そんな僕の、音楽観というか感覚の部分を真っ先に察知した人がいる。

アジアサンライズ。

T君。

不思議な人物だ。

2002年の出逢いから8年ほどの付き合いになるが、

不思議な音の持ち主だ。

いつも音楽という面で何かを僕に残す人である。

そんなT君に、一度だけある事を頼みこんだ事がある。

「音楽の基礎を教えて欲しい!」

そう頼んだ事がある。

彼は、ギター・歌・詩・LIVE・全てを含めて

本当の歌唄いだと思う。

だから、全く音楽理論を持たない自分に足りないものを

彼に教えてもらおうっと、思ったのだが…

そこそこの時間を、ギターの基礎話や、

歌い方・ピッチの話をしていたのだが、

ふとT君が何かに気がつく。

「成舟、あのエブリデイちゅう曲歌ってみ!」

僕が、歌う。

ギターを弾く。

すると、

「ほう~そうやって弾いてんのか・・・」

という。

「な~るほど、そうか・・・」

彼は、難しい顔をして考え込んでしまった。

何回か続けたところで、T君が

「そうか!わかった!!」

「もうやめ!やめや、やめ!」

そしてT君は、今までずっと話してきた基礎内容のメモ書きを破り捨てた。

「とにかく成舟は、こんなもんいらんわ!」

「こんな基礎の勉強より、そのままやった方がえいわ」

そう言って僕とT君との音楽講座は、破り捨てられゴミ箱入りとなった。

結局、僕の曲の作り方やギターの弾き方も…

お恥ずかしながら、我流すぎるようだ(苦笑)。

T君いわく、普通じゃこんな弾き方せんわっという弾き方を

していたりするらしい。

それが、あまり理論や基礎を知りすぎるとできなくなる

っと感じたのかもしれない。

本当の理由は解らないけれど、8年経った今

僕はそう思った。

勝手にポジティブに解釈させてもらってます。

でも、だいたいの人が有名なミュージシャンはこうしてるっとか、

こういう風にやるのが普通とか、基礎・理論にあてはめたがるのだが。

彼は違った。

そのままでいけ!

そう言った。

その言葉が今でも財産である。

僕は、トレイシーチャップマンではない。

僕は、イーグル アイ チェリーでもない。

ただ、誰かが作り上げた世界を完璧に歌う事より

真っ白なキャンパスに自分の感じるままを描き

それを歌いたいだけなのだ。

その僕だけの感覚は、他の誰にも真似できない世界だから。

不思議な音のつながり。

その原点とは、そこにあるのだと思う。















スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/98-973fa63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。