成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090603051428
20090603051427

津軽の侍。

元祖津軽衆ロック《ホイドーズ》のボーカルを務める鉄マン。

今日は、そのホイドーズを聴いている…。

彼との出会いは、僕が東京上京した年、2002年。

同じ高知出身の山地君宅にまだ居候していた頃。

山地君が「鉄マンえいで!」「凄いぐぁ~ってくるで!」「今度ライブ見に行こう!」っと誘ってくれ

ライブを見に行く事に。

※【ちなみに山地君は、池さんにも会わせてくれた重要な人…。その山地君のお話しは次回…】

代々木だったかな…、最初に鉄マンのライブを見にいったのは。

その時は、ギターのガク君と鉄マン、そしてキーボードに女性の方がいたような…。

とにかく歌聴いた瞬間、ひゃ~この人すげーっと、ただただ圧倒された。

力強いギター。  腹から突き抜けるような声をだし、空気を一変する魂の歌。

笛を吹き、音頭をとり、かけ声をあげる。

まさにねぶた祭りという青森カラーを感じさせる新しいロック、元祖津軽衆ロックがそこにはあった。

拳をつきあげ、とにかく客席を盛り上げるのが上手。

我が成舟には絶対にできないスタイルである。

だから、惹かれるのかもしれない。

自分には作れないオリジナリティ。

いやぁ、参ったなぁ、高知の侍として東京乗り込んで来たけど津軽?青森?凄い人がいるもんだなぁ

っと、実は心の中で思いながらライブを見ていた。

同時にこういった枠を飛び超えた世界をたくさん見る為に東京にきたのかもしれないっと実感した。

そして、圧巻だったのは『狼達に告ぐ』っという曲。

個人的に一番好きな曲。

何か自分の中にある葛藤や、矛盾、何とも言えない気持ちをぐっと抑え最後に解き放つような歌。

まさに鉄マンであり、ホイドーズの世界観がそこにはあった。

サビの終わりに鉄マンが狼の鳴き声を入れるのだが、それにやられた…。

本物の自然界を感じさせるリアルな獣の声…。

天に昇りきる途中にかすれて消えそうながらも、雲を突き抜け届けようとする切ない狼の声…。

胸が熱くなった。

その初対面から数ヶ月後、鉄マンは僕のライブに足を運んでくれた。

彼の素晴らしい所は、興味を持った人や興味を持ってくれた人、とにかくいろんな人のライブに

積極的に足を運びライブを見に行く事だ。

そして、それぞれのアーティストをいろんな所で宣伝していた。

自分の知らないお客さんが『鉄マンに見た方がいいと言われ来ました』っという方もいた。

凄いなと思う。

みんな自分の客を増やす事ばかり考えてしまう人が多い中で、なかなかできた事ではない。

いい音楽を創る為には、またその仲間を広げるにはとにかく耳に、目に、音楽を取り入れる事が

必要だと思う。  それが何よりも自分の教科書だと思う。

そういった事を周りに伝えていってる事は素晴らしい。

当時僕は、事務所に所属していて、いかにしてレコード会社と契約に結びつけるかという

常にギリギリの状態で歌に取り組んでいた。

吉祥寺のスターパインズカフェは当時の僕にはまだまだ規模が大きく知名度のない自分のライブは

コロシアムの様なあの会場の隙間隙間にスカスカとすり抜ける様な気持ちだった。

ライブ後、プレゼン用にレコーディングしたCDを何枚かテーブルに置き、

事務所の方とじっと座っていた。

もちろん、東京にきたばかりでそんな簡単に人は寄って来なかった。

ただ1人、『おう、成舟!良かったよ!俺はあれだね…、SKY WALK…、あの曲好きだよ。

おっ、CD?買うよ。ん~良かった。じゃっ!また!』そう言って彼は去って行った。

東京での記念すべきCD第1号購入者は鉄マンだった。

その時の1枚が一番嬉しかった。

…時は経ち、今年彼は地元の青森に帰ってきた。

僕も、今は岩手にいる。

正直2人とも東京とのギャップは感じていると思う。

オリジナリティが強い方が逆に遠い目で見られる事もある。

でも、鉄マンよ…、焦らず行こうな。

あの東京で見た街の景色から生まれてくる音楽は、もっともっと研ぎ澄まされちょったはずや。

こっからが本番や。 

我が土佐の男が何故ここまで来たか、それは、音楽で伝えるものがあるからであり、

伝えたい音があるからや。

我々の世代しかできない事があるはず。

枠にとらわれないオリジナリティと真剣勝負の中にあるリアリティ。

そこから生まれる空間から勇気を次の世代へ伝える。

そして次の世代が僕らを超えて行く。

その瞬間を創る事に意味がある。

売れる売れないは関係ない。

伝わるか伝わらないか。

夏あたり、会えればいいにゃあ、津軽の侍よ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/70-3d4ea6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。