成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090504214813


青空、月、その狭間で広がる波紋。

その繰り返す波の層を、この手はつかもうとする。

一つ水にひたした音は、鼓動に変わる。

地響きのような、メロディはかすかな命をたぐりよせはじめる。

愚かさを知る。

こんなにも、大きな世界がある事を感じられる事が生きている意味だ。

なぜこの星の人々は、綺麗な物に感動を覚えなくなったのか。

なぜこの街の夜空は、日々曇り続け、星の姿を消してしまうのか。

それは、愚かさに気づかない人間そのものが創りだした世界。

雲は常に流れ、形を変え、いろんな顔になり、目になり、見ている。

全て見ている。

この世に存在する全ての生き物の、考えている事。

あなたの、心の、その目の、奥の奥の奥まで、見ている。

全部知っている。


【2006年11月。東京。】

お酒も入ったからなのか、当時、急にこんな言葉を前の掲示板に書いていた。

今でも、何故、この詩を書いたのかは分からない。

ただ、なんとなく、前の掲示板を見ていて浮かんだのは。

田沢湖である。

東京にいた頃のある夜、現実と理想の狭間に見えた大きな世界。

都会も住めば都ではあった。

今でも、大好きな街は沢山、心に残っている。

大切な出会いや仲間が教えてくれた第2の故郷:東京である。

そして、この詩の1年後、導かれるように田沢湖に来た。

描いた大きな世界は、実際に触れると、心に染みてくるのが分かった。

でも、都会でも田舎でも、変わらない。

何も変わらない。

そう思った。

それは、人。

人間そのものの中にある、思想。

自分が、周りに流されない信念を貫くと言う事が一番大切なのだと。

再確認した。

東北に住んでみなければ、高知も東京の事も、その時の自分も分からなかったと思う。

孤独。

人生は、自分との戦いなのだ。

スポンサーサイト
コメント
【嬉】
さっそく、ブログにコメントありがとうございます。そして、リンクに私のブログ名を確認してニンマリでした。成舟さんのも同じようにしたいけど、パソコン初心者なのでやり方がわからず・・・。勉強します。
今後ともよろしくお願いします。


2009/05/04(月) 22:25:25 | URL | sora #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/66-4356a25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。