成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



吹雪、吹雪、氷の世界~~~。

朝の通勤時、僕はアイスバンの道路を30分かけて歩いてる。

いつもいつも頭の中を井上陽水のあの曲が回る。

今年は全国的な大寒波により、例年よりも厳しい2月ですな。







高知生まれの僕に言わせれば、

ここはもはやモスクワやわ(ロシアはもっと寒いやろけど)。

-10℃とかの時は身も凍ります。

でも、全身ヒートテックでひたすら歩けば心地良いです。

会社の先輩方にはそろそろ車を買わないか?

っと毎年言われるのですが、

個人的にはもう少しこの極寒の中で歩きたいです。

一度しかない人生。

経験値とは、何にも代えがきかない財産だと思う。

南国と東北、せっかく双方の暮らしを体験できているのなら

大変な部分を肌で感じたい。

その身体に染みこむ音は一生鳴り止む事はないのだから。

まだまだ歩いてみないと。






そして、我が息子は急成長を遂げました。

1歳と1ヶ月にして、遂に

つかまり立ちから一人で歩きだしました。

彼も又、自分の中で歩くという事に

大きな喜びを感じながら歩いております。






それにしても、子供っちゅうのは

ほんまにオモロイわ。

たまに、子供っぽくない時がある。

嫁と光熱費の話をしていた所

何やら父さん母さんの間にモソモソと入ってきて

なんと電卓をパチパチうちだした(笑)。

ちとドキッとしたよ。

家計の事、今から心配してくれてんのかいな(笑)。






そして、今度は難しい顔をしてTVを見ていた。

その視線の先には、音楽番組でアコースティックギターを

一人の男性が弾き歌っていた。

秦基博。

突き抜ける声。

息子は、ひたすらにらんでいた。

この人の曲は好みじゃないのかな?

っと思った瞬間!

息子の身体が前後に揺れだした。

めっちゃ、乗っていた。

まるでラッパーのようだった。

ただ身体は乗っているのに

顔は難しい顔のままだった。

おそらく彼はこう思って乗っていたのだろう。

「しかしこの兄ちゃん歌上手いな~」

「うちの親父とは格が違うわ」

「なかなか、いい曲やな」

「やっぱ親父より聴きやすいわ」

 
 …。


多分こんな感じやと思う。











スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/151-862160da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。