成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いよいよライブ開始。

まずは、ドビーさん。

ギターは早速、大樹君参加。

そして、ミズコシさんとイイダ君。

それぞれのパーカスや楽器の音色が重なり、

凄くあったかく、ほんのり会場を包んでくれた。

ドビーさんの

「メキシコ、メキシコ、メキシコ、メキシコ~~~」を繰り返す曲。

かなり好き。

なんかいい。

素敵素敵。

でもまてよ!

この日の前半かなり激しい動きで出演者を脅かした者がいる。

小さなやんちゃ坊主。

LITTLE BOY 「J」君。

客席から出演者の間近くまで飛びながら向かってくる。

とにかく元気。

踊る踊る又踊る。

マラカス振る振る、それまた振る。

元気があれば何でもできる。

元気ですか~。

そんな気分にさせられた。

自分も0歳と6ヶ月の息子がおり、

何か人事ではなかったな。







そして、私、成舟です。

今回は、出演者が2曲ずつ歌い、

それを2週するという少し変則的なライブ。

でもそのシステムがかなりはまった。

面白かった。

(レイニーダウン)途中間奏でJ氏の民族的なダンスとコラボ。

(アフリカンコーヒー)ムンタリ・中山・カムパッチさんのジャンベとコラボ。

カムパッチさんの登場シーンには、

「それ、飽きた~」っと坂本氏。

「ネタやん」っと突っ込まれましたが、

僕らは、気にせず歌いました。

何故なら、八さんにも一緒にやろしか言ってなかったので

ネタじゃないっす。

実質僕の無茶振りを軽やかに受け止めたムンタリさん。

大阪の芸人さんによる、アドリブのクオリティーの高さを僕は思い知った。

アフリカンコーヒーの音は大きく広がりました~。

 





そして、カムパッチさんは変身した。

{R8}登場。

(本能)は軽やかに柔軟に、そして広がりながら

僕のそばまで歩いてきた。

身体が自然と乗った。

1週目僕はあまり酒をいれなかった。

いつもライブ中は飲まず、終了後に飲むので少し抑えた。

でも、八さんの声を聴き少しずつ飲み始めた。

生を1、2杯…

(ベイビー ブラボー)という曲。

じんときた。

かっこいい曲。

八さんらしい曲調。

息子に聴かせてあげたかった。








お次は、坂本正義さん。

「プー、プープー、プーププププー」

口をラッパにしてのパフォーマンス。

久々に聴いた。

そして、やはり父さんの歌は染みる。

泣ける。

深い。

道しるべ。

あ~道しるべ。

名曲のオンパレード。

贅沢。

今日1000円かぁ。

僕が客ならお得すぎるくらいのメンバー。







そして、いよいよ大樹君。

リハからずっと存在感ありすぎ。

特殊な人やと思う。

ほんといつも思う。

久しぶりの再会も

「お~、せーしゅー」

っといつもの和歌山弁。

昨日も普通に会っていたような口調。

いつもそう。

それがアジアサンライズだ。

(自分の生き方自分で決めろ!)

この歌には、参ったね。

1発目にこうきたか。

エレキのひずみ。

歌のでかさ。

動じない空気。

スラーっと長く伸びた足。

パーマのかかったロンゲ。

全てが大樹君だ。

この曲中、少年「J」は再び踊りだし

大樹君のマイクスタンドのあたりで激しいダンスを繰り返した。

大樹君はひたすら歌・歌・歌。

エレキ、ひずみ・ひずみ・ひずみ。

ふと、少年「J」と同じ何かを感じた。

周りを気にせず、ひたすら音に打ち込む姿。

打ち込むという事。

これが生きる上で大事な事だ。

そして(詩)。

ありがとう。

ロックやね~。

(情熱捨てるな)は、

「岩手から来た成舟へ」と…。

情熱捨てんよ。

こじゃんとえい歌をありがとう。

生まれ故郷の土佐。

そして東京。

秋田、岩手。

母の故郷の福島。

全ての魂が僕の背中を押した。

ビールは、3杯、4杯…。

2週目やりきろうと思った。




スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/139-5734efce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。