成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先日、非常にクールな映画を見た。

トイレット。

その日、突如うちの嫁がおもしろそうな映画があるよと言った。

たまたま映画のポスターを見た時、ある言葉に足を止めたらしい。

「みんな、ホントウの自分で おやんなさい」

そして、僕も嫁も大好きな監督さんだった。

あの(かもめ食堂)や(めがね)の 荻上直子監督の最新作…。

しかもこの監督さんの映画にいつもでてくる【もたいまさこ】さん主演。

こりゃ~見ないかんわ。

僕はその突然の誘いをOKした。

そして、その映画を見終わった感想は、

自分の中ではここ最近の映画では一番の映画だと思う。

僕は、三箇所ほどで泣かせてもらった。

そして、先日ブログに書いたある事に気がついた。

僕は、何の為に歌を歌うのか…という話。

前回僕は、自分の為だと書いたがそれは違うと感じた。

何のため?【ため】じゃない。

歌を歌いたいからやるのだ。

やりたいと思う事に理由なんてないのだ。

僕の音楽は創造と今の中で生まれる。

そのときの創造の中にいるあるがままをそのまま書く。

それを歌にして歌いたい。

だったらそれを歌えばいい。

理由なんてものはない。



あとね、この映画の上映中にもう一つ面白い事があった。

この映画のある音に嫁のお腹の中の子が、猛烈に反応したのだ。

結構激しいクラシック。

マニアックというか、本物の音・リズムだった。

もの凄く、踊ってたというか、小刻みに叩くというか(笑)。

とにかく大いに反応していた。

正直、こないだ行った胎教コンサートより喜んでたのでは?

この子はやはり…、音好きか?

あ~わが子よ、父さんは既に親バカだ(笑)。





スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://skmoon.blog114.fc2.com/tb.php/117-bcce7484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。