成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/7/30

                          

☆2011年7月30(土)

  『暑気払い』 

-なせば成る 為さねば成らぬ何事も-
 
 Five Singer’s Songs



・出演 DOBBY/成舟/中山八大/阪本正義/畑崎大樹

                
・OPEN:18:00~ START:19:00~

                
・Charge:¥1000+order

                
・場所:下北沢『NEVER NEVER LAND』

                 
  (東京都世田谷区北沢3丁目19-3)

                
・phone 03-3465-0737

                  
   http://www.shimokita-never.com/

                
・お問い合わせ・中山八大 hachidai1@yahoo.co.jp



東京でLIVEします。

是非、足をお運び下さい。
   










スポンサーサイト




6月26日(日)、田沢湖にてチャリティーライブに参加して来ました。

あの大震災から3ヶ月…。

自分にできる事を考える日々…。

本当に無力だなと思う日々…。

自分の歌で、何か一つ被災者の方々へ光が届けばなと思い参加しました。

田沢湖のペンション:サウンズグッドのマスターたっちゃんや、

ジャズバンドのセッションを毎週やっている裕喜兄さん達が

何かやろうと考え始めたとの事。

会場は田沢湖畔にあるレストラン:ORAEさん。

毎週(日)12:00~14:00にて行っているとの事で、もう14回目だそうです。

企画し周りに声をかけ、行動にうつすという事は本当に素晴らしいと思う。

僕も仕事が休みの時等、これから参加させて頂きたいと思ってます。

今回は、成舟のステージで2人が参加してくれました~。

カホン:(たっちゃん)、エレキギター(裕喜兄さん)。

LITTLE BOYなんかは乗ったな~。

気持ち良かったっす。







今回は、大木彩乃さんというピアノの女性シンガーさんも参加しておりました。

素敵な歌・そしてピアノの響きでした。

後半、山崎まさよしのカバー(one more chance…)の曲が染みた~。

ラストの曲も湖畔にマッチしてて素敵でした。

心地良い時間でした。

気がつくとお客様が、沢山入っておりましてビックリでした!

ライブハウスとは全く違う空間ですが、ガラス窓の向こうには、

田沢湖畔が見え、歌っている僕自身は心地良い空間でした。








食事終えたお客様が、出演者の歌を聴き1コイン募金をする。

プロ並の演奏は僕にはできない。

でも、気持ちを前へ前へ出す歌を僕は続けようと思います。

今後も参加させて頂きたいと思います。








我が息子:空佑(そう)は、はじめて父さんの生ライブを見ました。

黙って真剣に見てたそうです。

抱っこしてるのは、裕喜兄さん。

最近、空佑は人見知りも始まってきたのですが、

さすが秋田のエリッククラプトン。

この方には、すんなり馴染みこの笑顔。

そう、今回の企画は裕喜兄さんが発案だったとか。

又、一緒にやりましょ。








LIVE後、昼食時に裕喜兄さんからウオッカと泡盛?を少々頂き、

ホワーンとしちゃいまして…、

目の前にサッカーボールがあったもので、

久々にリフティング。

うん、LIVE後のほろ酔いサッカーはやばいかも(笑)。











一つの感触。

強い感触を身体で感じた夜でした。

昨夜…、盛岡でのLIVE。

やっと。

そして、又…

0になった。

何の為ではない。

僕にとっての音楽とは、『為』ではない。

僕の心臓です。

この世に生まれた時に、僕の音楽は生まれた。

生かされている。

生きる=音楽。

喜びも 怒りも 哀しみも 楽しみも

生きているから感じられる。

死んでしまったら、何も感じられない。

僕の音楽は今、リズムを刻んでいる。

僕はちゃんと生きている。

LIVEをやっていても、やっていなくても

そのリズムはずっと止まらない。

何処にいても。

鳴り止まない。

何かに突き動かされている。

その何かを一つ、昨夜は感じられた。

4曲目の途中、その感触を強く感じられた。

昨夜のLIVEでは最後の曲だったが、

僕にとっては始まりの瞬間でした。

1歩目。

いつもこの1歩目に、全身で震えを感じる。

その瞬間がたまらない。










2011年6月17日(金)


盛岡:クラブチェンジ



1、LITTLE BOY


2、RED MOON BLUES


3、イルミネーション


4、EVERY DAY




やるかやらんかの世界。



所詮一本道以外歩けない。










33



2011年 6月17日(金)

明日、LIVEします。

会場:盛岡クラブチェンジ (acoustic night)

開場:17:30 開演:18:00

出演者は全6組の各20分間。

成舟は6組中、5番目です。

前売り700円 当日1000円(ドリンク500円別 )。

問い合わせ:019-652-7182

(お客様専用)駐車場は御座いませんのでご了承下さい。

私…成舟…、6月12日で33になりました。

33になって最初のLIVE。

理想は冷静と情熱の間ですが(笑)、さて明日はどうなるか。

写真は先日、とある森での単独LIVE模様です。

お客は、真っ白い犬一匹。










        友人のサンです。












我が息子の空佑(そう)は、5ヶ月になりました。

そして初めて風邪をひきました~~。

嫁もその後風邪をひいてしまい、我が家は、てんやわんやの日々でした。

でももう、皆回復し元気です。

そう、そして空佑が元気になったあと、

初めて父さんの歌を生で聴かせました~。

天気が良かったので、外で彼はベビーカー。

その横で僕は、椅子とギターをもっていってジャランっという感じ。

しばらく眉間にしわをよせ難しい顔をしてましたが、

くるみボタンという曲では、足をバタバタさせて

「う~う~あ~、う~あ~」

と何やら歌っておりました。

嬉しいね。

子供の成長は本当に早い。








33の誕生日プレゼント。

前々から欲しい欲しいと言っていたものが手に入った。

感無量。

そう録音用のテープレコーダー。

ほんといくつになっても時代遅れ?

いやある意味最先端?

MDでもなく、Iホン?とかでもなく、

カセットテープを入れて録音するやつね。

これが一番しっくりくるのよ。

自分の新曲が浮かんだ時、メロディーが浮かんだ時など…

やはりこれが一番活躍してくれる。

録音、巻き戻し、早送り、重ねどり、再生、ノイズ…

自分の曲作りにかかせないアイテムなのです。

今回の震災でラジオの活躍にも感心し、ラジオ付。

あ~感謝。感謝。

時代遅れ結構!

俺は俺の道を行く!








そして、先日友人夫婦のお誘いで盛岡市の動物園へ。

33になっての動物園。

いいね。

大人になってからの動物園は又全然違う感動が味わえる。

ほんまにみんな生きちゅうんやなぁって考えさせられ…感動した。

純粋に動物は可愛かった。

癒しですな。

友人夫婦と我が家。

勿論、息子の空佑も一緒。

素敵な休日の過ごし方でした。

そして、キリンには参ったね…。

本当に現実の時間を忘れさせてくれた。

ゾウもライオンも鳥もサイも、(アライグマは寝てたな)

まさに成舟の曲のアフリカンコーヒーの世界を体感できた。

あ~なんていうか…、生きてるって素晴らしい~。

正直僕の場合、歌の練習よりこういう空間を味わう時間の方が大事。

それが、そのまま成舟の歌になる。

形式だった物、決まりきった方向性よりも

イメージを膨らませ、現実に組み合わせて曲を創ってみる。

それが、ほんまに面白い科学反応を起こし何かを創りあげる。

まだまだ、あるよ。

イメージは無限大にこの世界中の至る所に浮かんでいる。

どういう風にそれを掴んでみるか。

それが生きる楽しみ。

それが、『音』 『楽』。

33の感じるままを

これからどんどん吹き込まなくてはね。

例のテープレコーダーにね。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。