成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




先日、非常にクールな映画を見た。

トイレット。

その日、突如うちの嫁がおもしろそうな映画があるよと言った。

たまたま映画のポスターを見た時、ある言葉に足を止めたらしい。

「みんな、ホントウの自分で おやんなさい」

そして、僕も嫁も大好きな監督さんだった。

あの(かもめ食堂)や(めがね)の 荻上直子監督の最新作…。

しかもこの監督さんの映画にいつもでてくる【もたいまさこ】さん主演。

こりゃ~見ないかんわ。

僕はその突然の誘いをOKした。

そして、その映画を見終わった感想は、

自分の中ではここ最近の映画では一番の映画だと思う。

僕は、三箇所ほどで泣かせてもらった。

そして、先日ブログに書いたある事に気がついた。

僕は、何の為に歌を歌うのか…という話。

前回僕は、自分の為だと書いたがそれは違うと感じた。

何のため?【ため】じゃない。

歌を歌いたいからやるのだ。

やりたいと思う事に理由なんてないのだ。

僕の音楽は創造と今の中で生まれる。

そのときの創造の中にいるあるがままをそのまま書く。

それを歌にして歌いたい。

だったらそれを歌えばいい。

理由なんてものはない。



あとね、この映画の上映中にもう一つ面白い事があった。

この映画のある音に嫁のお腹の中の子が、猛烈に反応したのだ。

結構激しいクラシック。

マニアックというか、本物の音・リズムだった。

もの凄く、踊ってたというか、小刻みに叩くというか(笑)。

とにかく大いに反応していた。

正直、こないだ行った胎教コンサートより喜んでたのでは?

この子はやはり…、音好きか?

あ~わが子よ、父さんは既に親バカだ(笑)。





スポンサーサイト




昨日、久々に(ハナレグミ)を聴いた。

最初は、たまたまユーチューブでLIVE映像を見ていて…

なんか勝手に涙がでてきた。

LIVE映像で見た(一日の終わりに)はなんか…

じんときた。

そのあとCDを取り出しもう一度その曲を聴いた。

じんときた。

今日は、(ナタリー)という曲を聴いた。

じんときた。

ただ…自分に思った。

成舟の歌も…

いや成舟というそのものが、

もっとシンプルでいいんじゃないか。

そんなに力を入れなくていんじゃないか。

っと…

そう思った。








何の為に歌うのか?

何の為に歌い続けるのか。

わからなくなる事はある。

誰かの為?

みんなの為?

いや違う。

そんな綺麗ごとじゃない。

じゃ、僕は何の為に歌っているのか?

一つの答えに到達した。

そう、シンプルなたった一つの答えだ。








自分の為だ。
















地元の高知県で、19の時、

やった事もないギターに魅了され。

アコギを突如はじめた。

少し弾けるようになって、オリジナルを書きたいと思い

オリジナル曲を創り、夜の市内のアーケードに向かった。

地べたに座り、ひたすら歌った。

何故か、初路上はコーヒーを頂いたり

向かいの店からケーキを買って来てくれたり

見ず知らずの方々から、応援されいろんな物を頂いた。

何がなんだかわからなかった。

僕の歌も…ギターも本当に下手だった。

なのに何故?

僕に声をかけてくれたのか。

若いから同情したのか…

いや、

ただシンプルに歌に向き合っていたのではないか。

その姿に足を止めてくれたのではないかな。

忘れているわけではない。

ただ、近すぎると見えない事もある。

見失いそうな時もある。









でもそれが人間だ。

だからこそ背伸びするんじゃなくて…

もっとシンプルに。

歌おう。

歌に向き合おう。

目の前の今をそのまま歌にしよう。

今の自分を。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。