成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



盛岡にこんな素晴らしい才能がいたとは…。

最初にこの方の絵を見た時、何か大きな物で心を揺さぶられた。

澤田哲郎氏。

生きた音が僕の胸をぐんぐん押してくるようだった。

昭和61年、病魔に侵され66歳で世を去る。

澤田哲郎氏のアトリエには、壁に「三万マイ」と大きく墨書きされている。

3万6千5百枚。

1日1枚、100年絵を描き続けた事になるこの数字が

澤田哲郎氏の目標だったそうです。

北斎を心酔し、「絵描きも職人」との持論から

1日1枚のノルマを課して制作に取り組んだそうです。

今年の3月、たまたま展示会を見た時に衝撃を受けた。

この人は何者だと…。

とにかく全部同じ人が描いたとは思えない程いろんな絵があった。

風景画っぽいのから、習字の筆で書いたものや、

独創的で奥深い絵達が所狭しと並んでいた。

僕は、絵の事は正直さっぱり分からない。

玄人さんが話す「このタッチが素晴らしい」とか全然分からない。

でも僕の音楽もそうだが、素人さんの方が先入観なしで

ありのままで感じられると思う。

共鳴。

僕は、はじめて「絵」というものと共鳴した。

なんか血が騒いだのだ。

この方の絵のバックグラウンドに壮絶な生き様を感じた。

この方の絵を「怖い」とか「暗い」とか言う方もいた。

でも僕は、全然そうは思わなかった。

むしろ自分を貫く強さを感じられずにはいられなかった。

写真でご本人も拝見したのですが、結構イメージと違った。

アトリエで沢山のキャンパスを並べ、まるで流れ作業をしているような

そんな雰囲気の中に哲郎さんは、優しい顔をして描いていた。

そのギャップにむしろ感動した。

「えっ、この感じでこの絵を書くの?」

意外というか、凄い才能の持ち主だと痛感した。

その他にも、道化師や馬、犬、鳥などさまざまな絵に心奪われた。

盛岡市生まれ→文化学院→川端画学校で絵を学ぶ→

戦後、シベリア仰留を経て帰国。

アメリカで個展を開催し評価を得る。

何とも素晴らしい芸術家だ。

「俺みたいな奴が一人ぐらいいてもいがべ」
          ↓
「俺みたいな奴が一人ぐらいいてもいいだろ」

正確には覚えてないが、そんな言葉を見つけた。

勇気を貰った。

自分らしさ。

それは、誰にも真似できないオンリーワンだ。

人に気にいられたいからコロコロとスタイルを変える人もいる。

でもそれは簡単な事だ。

誰にでもできる。

でも僕は、どんなに笑われても、自分にしか創れない物を創りたい。

なんかそんな想いを勝手に哲郎さんの絵と重ねながら見ていた。

音楽も絵もやはり心で奏でるのだ。

ちゃんと伝わる人には、届く。

だからこだわり続けよう。

そう改めて心に誓った。

そして、この展示会で僕が気に入った絵がいくつかあった。

ただ、哲郎氏の絵は、どこを探しても見る事はできない。

そうこの展示でみた記憶だけが全てなのだ。

だから歌にする事にした。

・盲目の奏者
・洗濯物
・好日
・雨のランデブー

この絵達を、僕の心にずっと刻む為に、

澤田哲郎氏に敬意を表して。








≪奏者:そうしゃ≫ 2010/3/21

朝日が 異様な 色をして 目が覚める
雨まじりの セピア 鍵を開け あなた思い出す
 
  
  砂まじりでも 油まみれでも 
  あなたが描く その全てが愛おしいよ
  浮かび上がる この先も


月日は 感じないものですか? 
色をつけ 過ぎ去っていく
地位や名誉は やがて 意味をなくす

  
  路上で見つけた 盲目の奏者が
  あなたのメロディー つないでゆくよ
  色褪せる 事もなく


名前のない日々にただ
名前のない時代を映した
あなたは何処で見てますか?
名前のない未来を描いて


  太陽の命 浴びる 好日に
  風に揺られる あなたの 洗濯物
  明日は 雨の ランデブー







 



スポンサーサイト




今、森の中です。

少し薄暗いでしょ。

でもここが心地いいんです。

予報は【くもり/雨】。

15分~20分くらいかな…、

まるで恋人を待つような気分。

案の定、昼くらいには雨が降り出した…。

以前、話た事もあったかな。

僕は、雨が結構好きなんです。

特に雨音が好き。

この森の中では、木々の葉が傘になってくれてほとんど濡れない。

なんとも贅沢な雨宿りです。








ピカピカでしょ。

なんか味のある光方というか。

赤く光るこの車。

カッコいいでしょ。

なにより、森の中にこの車が…というのがいいよね。









ジャンジャジャーン!

その車は、岩手ではちょっとした有名なワッフル屋。

作っているのは背の高い外人さん。

去年はじめて食べて感動し、今年も来ちゃいました。

僕は、1年に1回しかこの店と会えない。

だから、雨が降っても待つ。

車内でその背の高い外人さんが、じっくり時間をかけて手作りワッフルを焼く。

このじっくり時間がたまらん。

そう、ここは去年(ボタン屋:Bitter)で参加した小岩井クラフト市。

今年は、出展者ではなくお客として楽しみました。









森の中でのオカリナLIVEも心地良かった。

この音が森を抜け空に向かっているのを身体で感じ、

ふと思った…。

ここで歌ってみたいな。

可能性は0にしたくないっと思った。

僕の曲のアフリカンコ-ヒーとか森の中で歌ってみたいな~っと。

ただ、焦らない焦らない。

じっくり時間をかけよう。

あのワッフル屋さんのように。

本当に美味しい味で、本当にお客様を納得させられるものであれば、

むしろ待たせるくらいでもいいと思う。

この地ではまだ、僕の音を待ってる人はいないと思うけど。

だからこそ、焦らず・休まず・コツコツと行こう。

空間にこだわり続けよう。

そう思った。









そして、もう一つこだわりの一品を堪能。

今回このイベントで見つけた【かぼちゃプリン】。

これがうまい!

かぼちゃの味がそのままの自然な味わいで感動。

最近、小岩井農場の焼きプリンにはまっていて、

プリンには滅法弱い僕ですが…

超えた!かも!

この森の音と将来のちびちゃんに乾杯。









先日の≪8月27日・28日・29日≫と秋田市のギャラリー【ココラボラトリー】にて、

【ボタン展】というイベントが開催され、我が嫁の【ボタン屋:Bitter】も参加致しました。

以前、ボタン屋:Bitterが参加した青森:鯵ヶ沢での野外イベントの際に、

今回の主催者様にお声をかけて頂いたとの事で、我が家はレンタカーを借り、

ちょっとした秋田市への旅にでかけました。

わたくし、ボタン屋:Bitter専属の助手は今回、THE:運転手と化しました。

しかし、とても素晴らしいギャラリー・そしてイベントでした。







2階には、石田珈琲店という喫茶室があり、

ここの石田珈琲は、かなり好みでした。

うまかったなぁ。

自分の曲の【アフリカンコーヒー】に近い感じかな。

そして、このお店のチキンカレーも最高でした。

嫁は、もともとかなりの(珈琲好き)なのですが、

妊婦になってからは、ずっと飲めなくなっていたので、

このお店で、久々においしい珈琲を堪能し、喜んでおりました。







1階、ギャラリー内の空間はというと、とても居心地が良く

その中で何名かの作家さんが手がける【ボタン展】を見るというのも

なかなか魅力的でした。

我がボタン屋:Bitterは前日の準備後半に到着し、

嫁は、できる限りの手直しや追加分の準備に取り掛かりました。

ボタン屋:Bittreは今まで、主に野外イベントに参加し活動する事がほとんどなので、

ギャラリー参加というのは、また違う世界観を感じれた気が致します。

あっ、失礼…。

また…、ついつい自分の事のように話してました…。

私は、あくまでも助手なのについつい感想をのべてしまうのですよ(笑)。

そう、非常に面倒くさい感情移入型です。








そして、当日。

いざ開場すると、老若男女、さまざまな客層でにぎわっておりました。

僕は、東北へ来て自分の音楽活動する場所に苦しんだ時期もあり、

こういったギャラリーの受け皿というか、作家の魅力を消さずに

生かす空間創りをするスタッフさんにも心打たれました。

ただ、ライブハウスがあれば良いわけでもなく、

ただ、ギャラリーがあれば良いわけでもないと思う。

その作家やミュージシャンの個性を消さずに、更に想像力を倍増させてくれるような…

そんな創り手が生きる場所を提供する方々がいて、初めてお客様に喜びを提供できるのかなと。

ついついまた感情移入して、イベントを拝見しておりました。

改めて、自分の望む空間探しにも、こだわり続けようと再確認できたイベントでもありました。

参加した作家さんや、ギャラリーのスタッフさん、お客様。

素敵な、時間を有難う御座いました~。









さて、話は変わり、盛岡市に戻ってからの休日はというと、

先日、初のマタニティースクールへ行って来ました。

盛岡市が無料で行っているスクールで、大変勉強になりました。

産後の、子育てや、妊娠中の嫁のメンタル面、又は、身体の仕組みなど、

勉強すればする程、やはり女は強いと痛感。

男は、夢じゃ~、仕事じゃ~っ、俺が食わしてやってるなどと言う方もいると思いますが、

ちゃんちゃらおかしい話ぜよ!

出産の陣痛や、妊娠8ヶ月くらいのお腹の重さは、男には耐えられないものでしょう。

やはり、女性の身体の仕組みを知るという事は非常に大切な事だと改めて教えられました。

写真は、赤ちゃんの沐浴を勉強中。

僕の班は、妊婦さんが9割、旦那1割でしたが、関係ありません。

助産婦さんに、ひたすら聞ける事は聞こうと、質問攻めでした~。

あ~わが子よ、父ちゃんが君を風呂に入れる日まで~~~。

修行修行。

また修行や。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。