成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





奥入瀬の森に入り、ひたすら前に進む。

高知農業高校時代の山ごもりを思い出す。

今回の夏休みで一番したかった事。

森林浴。

そして、日本一の巨木を見に行く。

日々の日常の中で、こんな森の中にいる事はまずない。

だからこそ、たまに緑の香りを身体全体に染みこませたくなる。

充電。

横たわった木、若い木、熟年の木。

いろんな木がある。

みんな生命の音を感じる。

そして、その木は現れた…。

とてもとても力強く僕の心を引き寄せた。











推定樹齢400年。

樹廻り6.01メートル。

長い長い年月、この森をずっと見守ってきた神々しい巨木。

ブナの木。

静寂と雨の中、その木は立ち尽くしていた。













この木は、沢山の月日をここでじっと過ごしてきたのでしょう。

何とも言えない【リアル】な息遣いを感じた。

背中が一瞬ゾワゾワっとした。

そのあとすぐに、胸がスーッとした。

人間は本当に愚かな生き物だと思い知らされる…。

僕ら人間は、長い年月の間、全く同じ場所でじっと立っていられるのかな?

まず無理でしょう。

強風にあおられても、大雨が降っても、ただ立ち尽くす。

同じ景色、同じ場所で。

心はへし折れそうになるかもしれない。

それでも、絶対に倒れない。

動じない。

そんな強さを見習わなくてないけない。












目を閉じて、小さく手を合わせた。

ふと見上げると途中で幹が大きく3つに分かれていた。

ほぼ同時期に、共に成長し、ぐんぐん伸びていったものなのか。

とにかく神秘だった。

この木は何か、自分のこの先を照らしてくれているようで

温かかった。

足元に生えている苔も、ボロボロの胴回りも逞しく見える。

見かけではない。

その中にある本当の強さが、本物の姿だと思う。

僕の歌、いや、人間としても、こうありたいと思う。












お別れする瞬間、また会えるような気がした。

その巨木は、何かキラキラしていた。

ありがとうございました。

森の神。









スポンサーサイト





2010年、我が家の夏休み。

今年は例年より早く、会社の中でも一番のりでした。

森林浴がしたい。

そんな僕の思いを先読みしてたかのように、嫁がある場所を提案してくれた。

青森県八戸駅から、バスで揺られること約1時間半。

向かった先は、緑の香りと水の音に包まれた渓流のそば。

奥入瀬渓流ホテル。

本当に心身ともにリフレッシュしました。

なにより心打たれた一つに、このホテルのラウンジがある。

このラウンジには、あの岡本 太郎作の「森の神話」という巨大暖炉がある。

何度もこのラウンジの椅子に腰かけ、緑を眺め英気を養った。










独自の技術、独創性、信念。

それは、決して簡単に貫き通せるものではない。

偉大な方の作品を背に、目の前のガラスごしには森が心を包む。

せっかく東北に住んでいるのだから、ここでしか見れない景色を

堪能しなくてはと、心踊る時間でした。












夜は、温泉に入り、足つぼマッサージを堪能。

そして、再びこのラウンジへ。

夜の雰囲気も非常に良く、何か曲を書きたくなるような気分。












右隣のスピーカーからは、ノラジョーンズ。

実にいい。

森の奥の方へ導かれるような奥深い音。

目を閉じて、いろんな世界をイメージする。

日常を抜け出し、知っている人も誰もいない世界で、

心地良い音楽を聴く。

これが、たまらない。










東北移住3年記念。

電気工事士も無事合格。

これまでの道のりの大変だった事も、

今日の様な素晴らしい空間に出会う為にあったのでしょう。

そして、いよいよ2日目は森林浴。

その向かう先には、日本一の巨木が…。

森の神話「完」。


森の神へ続く…。










東京で暮らした日々の中で、一番好きだった街。

吉祥寺。

本当に好きな街だった。

肌に合ったというか…。

この駅を降りると、井の頭公園(僕は森と呼ぶ)という公園がある。

その公園で上京したての頃、朝まで歌ったものです。

都会の中にある、緑と水の音、決してそれは違和感ではなく、自然だった。

先日のLIVE後、久々に東京を一人散歩した。

手荷物はハードケースに入ったギター。

東京の6月は暑い暑い…。

汗だくで歩く、歩く、歩く…。









懐かしい景色にも会いに行った。

僕が、住んでいた駅。

懐かしい。

まるで、今日もここに帰るような気分で歩いた。











いろんな記憶が、頭をよぎった。

結局どこにいても、自分が選んだ道は自分が歩くのだ。

その一つ一つの記憶全てが、自分の宝物だ。











再び吉祥寺。

今回は、一緒に行けなかった嫁に頼まれたお店。

このお店の焼き菓子がどうしても食べたいとの事で…、

ギターのハードケースを何度も何度も持ち替えながら、

やっとの思いで辿り着いた。

大量の汗をぬぐって、さぁいざ行きますか!

ギターをゴトゴト持ち替えいざ中へ。

こんちは~。

するとお店のお姉さんが、

「すいませ~ん、15:00までなんです~」っと

現在時刻は、15:50だった。


…。

…。


これも人生。

嫁、すまん!











追伸。

先日の【LIVE】映像が、ユーチューブ【成舟】検索で

見れるようになりました。

気になる方は、検索してみて下さい。


東京日記 【完】。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。