成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091128215805


今日、素敵な映画を見た。

【めがね】。

忘れてしまいがちな日常…。

「たそがれる他に何をするんですか?」

「いくら忙しくしてても 休憩は必要でしょ」。

「大切なのは、焦らない事」。

「焦らなければ…、その内きっと…」。

空間…  間 を  上手に使い 大切な事を教えてくれた。

ゆっくり  ゆっくり と。

この  間  が  僕の心にスーッと染みこんだ。



20091128215803


ある友達が言っていたな。

人間は、何かと言い訳をつけたがるから…。

東京をでて、新たな暮らしをしようと決意した日の事を思い出した。

焦らず、コツコツと歩く事。

小さなバッグ一つで。

こんな時間が一番の贅沢だと思う。

おいしそうな かき氷。

ここ数年食べてないな…。

来年の夏は、食べなきゃ。



20091128215802


梅はその日の難のがれ…か。

梅干は苦手なんだけど。

食べよっかな。

【めがね】。

よい映画です。




スポンサーサイト
20091115104634



登る、登る、登る。

ひたすら頂上を目指す。

こんなに何も考えず歩いたのは何年ぶりかな?

実は先月、初の登山をしたのです。

秋田駒ケ岳。

そう、登山は話をしている暇などない。

無心で登るのだ。

山の天候は本当に変わりやすい。

強風がふいたり、曇ったり、晴れたり、霧がかかったり…。

ふとっ、周りが霧に覆われ一緒に行ったメンバーを見失った。

「わ~前が真っ白や」と、僕は一人つぶやいた。

「今、雲の中だよ…」。最近友達になった同い年【Eっつぁん】が言う。

その声は、冷静だった。

雲の中?

自分の歌にそんな歌詞がある。

SKY WALK。

自分を見つめるように書いた曲。

今、雲の中にいる自分が夢のようだった。



20091115104633



人間は年をとる。

っと同時に経験を積む。

多くの経験から学び、人は成長する。

でも、知らない方が良かった事も沢山ある。

知ってしまうと、先が読めてしまい結果を想像できてしまう。

それが、全てになると楽しめなくなる。

失敗を恐れず、前へ前へ進んだ20代は大きな財産なのかもしれない。

その頃もきっと無心だったと思う。

30過ぎて、10年ほど前に創った自分の歌の中に生きているようで…、

嬉しかった。

生きている音。

心地よい空間に触れた大きな時間だった。



20091115104632



この秋田駒ケ岳は、8合目から歩き始める事ができ、傾斜もきつくはない。

ゆったりと山行が楽しめるので、初心者や中高年にも人気が高いとか。

でも、運動不足の僕には、それでもきつい箇所もありました(笑)。


「…ここは、いい山だよ」。Eっつぁんが言う。


彼は、登山の専門店で働いており、登山が本当に好きで、

沢山の山を登り、山を知っている男だ。

その彼が言うのだから本当にいい山なのでしょう。

初登山がここで良かった。

しかし、おもろい奴と出会ったもんだ。

Eっつぁんは大阪出身。成舟は高知出身。

西の出身が東北に住んでいるのも不思議なもんですね。




20091115104631


そして、この山でもう一つの魅力は。

景色。

皆さんもご存知、スタジオジブリの映画の背景にも使われているそうです。

スタジオジブリの(美術監督:男鹿和雄さん)という方がここ秋田県の出身で、

この駒ケ岳も【もののけ姫】の背景などのモデルになっていたと聞き、

実は、前々から興味があった。

ただの登山ではなく、その映画の世界を肌で感じて見たかった。

実際…身体で感じてみて本当に自然の大きさ、強さを感じた。

本当に【生きろ】っと言われている気がした…。



20091115104630


そして、心に残った場所がもう一つある。

それは、途中休憩した山小屋である。

その山小屋の周りには池があり、本当に綺麗だった。

天候が快晴ならばもっと素敵な景色を堪能できたかと思うと、

また行きたくなった。

ギターを持っていって、その池のそばで歌ってみたい。

録音してみたい。

自然の中で音を奏で、生きている音を感じて歌いたい。

詰まった時間の中ではなく、何もない場所で鼓動をしっかり感じれる時間。

水、木々、風、虫の音、鳥の鳴き声、流れる音。

もっと素直でシンプルで、欲のない世界。

そこで、きっと自分が何の為に歌っているかという本質が、

見えるのかもしれない。




冬が来るとここは、登山が出来ない為、また来年だ。

早くも春が待ち遠しい。


20091105113408



四時間目。

才能溢れる絵描きさんが登場。

飛び入り参加の【ユキンコ アキラ】さん。

なんでも、南は沖縄~北は北海道まで全国を旅して周っているとの事。

しかも、一人で車を運転して!

凄いね!




20091105113407



しかも、た~だの絵描きじゃぁございやせん!!

自らがDJブースとなり、「GO~!!」のかけ声と共に、

ハウスミュージックのような曲をかけ、

そこは、もう首がたて揺れのクラブとなりました。

足をけっこう激しく上げて、踊りまくる。

そして、リズムに合わせてキャンパスに絵を描きだした。

子供達の口は、ポカンっと開いていた(楽しそうやった)。

しかし、素晴らしい世界。

いいね。

ユキンコさんのステージ、絵は、人を魅了する音楽が流れる。

またいたね。

本物さん。



20091105113406



イベント終了後に彼と少し話したのだが、

山口県出身らしい。

僕が、高知県出身というと、「え~~そうなんですか~」っとユキンコさん。

なんでも全国を旅する中で、もちろん高知に行った事があるとの事で、

高知県の印象は強く残っていると話していた。

嬉しいね。

高校野球では、高知高校を応援しに会場へ足を運んだとか。

おもしろいね。

音楽を続けていて一番良かった事は、

こういった音(人)の出会いがたまらなく嬉しいからなのです。

ユキンコさんまたお会いしましょね~。



20091105113405



そして、最後は鉄マンと初セッション!

童謡、歌謡曲。

一人では、なかなかこういった曲は演奏しないので、

不思議な気持ちでした~。

最後は、お客様と出演者とみんなで歌ったね~。

ほんとに素敵なイベントでした~。

鉄マン、ありがとう。

無事やり遂げたな。

鉄マンの人を動かす力って凄いと思う。

本当に素晴らしい企画に声をかけてくれてありがとう。

なにより、この学校に足を運んでくださったお客様、

本当にありがとうございました。

なかなか(おもしぇ学校)でした。

そしてのんちゃん、あきちゃん、はつえさん、

鍋田さん、ヤギさん、イベントに携わった全ての方々、

素敵な時間をありがとうございました。





20091105113403


そして、山のおもしぇ学校でのLIVEは無事終了したのでした。

最後は、みんなで記念撮影!



追伸:このイベント、教室をずっと見守っていた一つの絵。

    黒板にクレヨンで描かれた一つの絵。
 
    繊細なタッチと心に染みる一つの絵。

    いつか、この絵を描かれた、
     
    孫内あつしさんにお会いたいしたいですね。

    ありがとう御座いました。
      
          






20091103211833


一時間目が終了し、鉄マンから手作りボタンのお店の紹介がありました~。

私の嫁のお店ですが、鉄マンの紹介もありまして休憩時間には、

沢山の人が手にとっておりました。

ご購入頂いたお客様、本当に有難う御座いました~。




20091103211828


さて、二時間目は、飛び入り参加の【オトチャ】さんでした。

今度は、廊下から【オトチャ】さんを見つめる鉄マンと成舟でした。

今回のこのイベントは、意外にこの廊下からの覗き見がいい感じでした。

なんか、自分のクラスを抜け出して、他のクラスの音楽の授業を見に来たような…、

そんな気分でした。


20091103211827


はじめてご一緒させて頂いた【オトチャ】さん。

一番、先生っぽかったなぁ~。

あたたかい、大人の時間でした。


20091103211826


そして、三時間目は。

私、成舟の時間でした。

☆今回のセットリスト

1、インディアンハート
2、玉ねぎ焼飯節約食生活
3、SKYWALK
4、アフリカンコーヒー
5、ブロック
6、侍ロッケンロール



20091103211824


【2】、の焼飯の歌を歌っている時に、前列の子供達が(クスクス)と笑っていた…。

良かった~、この曲はファンキーなリズムなのに歌詞が滑稽で、

よ~く聴いて頂けると結構切ない詩もMIXさせているつもりでして(笑)、

僕は真剣な顔で歌い、周りが笑っているというのが理想な曲なのです。

だから良かった~。子供達が笑ってくれたね。

【4】、アフリカンコーヒーでは、その前列の子供達がまたまた大活躍!

お父さんが、その子供達を抱っこしたまま、、

アフリカンコーヒーのリズムに合わせて、揺らしていた。

子供達が一度、パパに持ち上げられ、再び着地する時の音が、

この曲のリズムにマッチしておりました~。

これこそ音楽の時間かも!

僕の方が、音楽を子供達から教わりましたね~。

そして、【5】のブロックを久しぶりに歌いました。

自分の中でとても大切な曲。

この曲を通して、CDを買ってくれたお客様もいらっしゃって…、

本当に嬉しかったです。

感謝しております。

その他にも、CDをご購入して頂きましたお客様、

本当に本当に有難う御座いました。



其の三へ続くよ~。
20091103002023



いや~素敵なイベントでした。

鉄マンの思い、素晴らしい学校。

その音楽の授業は、たった一つの教室に子供から大人まで(約40人ほど)が集まり、

音を通して一つになった素敵な時間でした。




20091103002022



ライブ前の客席は、かわいい子供達から、同世代、父さん母さん世代まで、

幅広いお客様が、教室に集まってきました~。

鉄マンの人柄が、沢山の世代に愛されている証拠だなぁっと思った。

そして、この子供達の顔を見た時、ふと今日の選曲を考えました。

いつもの成舟ロックもいいけれど…、子供が一人でも笑ってくれるような…、

そんな曲をいれたいなぁっと、そう思った。



20091103002021


そして、一時間目が始まった。

そう、我らが鉄マンだ。

教室の中で僕も聴きたかったが、お客様の入りを見て廊下で聴く事にした。

一曲、一曲、鉄マンが奏でる音、歌が…、泣けた。

東京で対バンもしたけれど、こんな思いははじめてだった。

りんごの詩がでてくると、青森という所に本当に似合うなと思った。

そう、ここは彼の故郷だもんね。




20091103002019


ふと、自分の故郷は?っと自分に問いかける自分がいた…。

高知…。

彼のりんごの歌がこの町に染みこめば染みこむほど、胸が熱くなった。

桂浜。

坂本龍馬。

ふと隣の教室に入り、鉄マンの歌に酔いしれた。

この町にはないはずの故郷の波の音が聴こえた…。

鉄マン、呼んでくれて本当にありがとうな。

涙がでたよ。

素敵な素敵な一時間目だった。




20091103002018


休憩時間に見つけたかわいい男の子。

物販用のCDジャケットに興味津々。

僕の歌は、彼の耳に届くのだろうか。

彼の目にどう映るのだろうか?

しかし、かわいい男の子やな。



【其の二】へ続く…。

20091101080418



遂に、再会した。
 
鉄マン!鉄マン!鉄マン!

とにかく鉄マンですよ!

約、二年ぶり、、、か。

昨夜は、ライブ前日という事もあり飲み過ぎ注意と皆で言っていたのだが、、

やはり、語っちゃうよな。

そりゃ語るよ。

東京で、しのぎを削ったロッカー同志ですもん。





20091101080417



練習もみっちり~やりやしたよ。

歌、歌、歌や。

みんなが日頃から忘れがちな童謡!

そして歌謡曲!

そう、日本の名曲とはここからなんだな~。

それぞれの(節)が要所に顔をだす。

二人のアレンジ入り日本の歌!

初セッションやね。





20091101080415


ギルド!ギルド!ギルド!

我々のギターは、ギルドなのです!

奇遇にも出会った頃からそうだった。

ギルドも喜んでいる様子、、、。

一夜明け、今日当日は雨。

でもね、アンプラグドに雨でしょ?

そりゃ燃えますよ。

土佐の高知で、初めて路上にて歌を歌ったあの日から、、、

時は経ったけど、、変わらないものがある。

雨にも負けず、風にも負けずですよ!

歌唄いは、いかなる場所、状況でも魂で歌うべし!!

青森の皆さん!一つ宜しく!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。