成舟 かんとりーL!FE

成舟のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090829153308



















二日目。一年ぶりのLIVE。
我がホーム【新高円寺 STAX FRED】。
この日は、僕のブログによくコメントしてくれる(sora)さんが、なんと福岡から来てくれた。
本当に遠方から来て頂き有難う御座いました。
(sora)さん経由で、ブログを通して繋がった(Lamo)さんも会場に足を運んでくれました。
凄いね。感謝感謝。
高知出身のRYO君や、久々のOKUさん、K子、阪本さん、本当に感謝です。
うちの嫁と、H兄も勿論会場にいました~。
この日の、出演者は5組。
成舟は4番目でした。
マスター中村さんのおかげで、急遽LIVEができるようになり、本当に感謝感謝です。
トップのヤマネコさん、春山さん初対バン有難う御座いました。
3番目の今野大輔とは、一年ぶりの対バンでした。
リハ後に、大輔と初めて音楽について語り気持ちが楽になった。
一緒にいったあの店、安かったな(笑)。
大輔の歌。さすがでした。
西瓜泥棒の曲、いつ聴いてもいい曲やね。
最後の5番目、阿部たかのりさん、いい歌でした。
特にロックスターという曲。サビがじんときたな。
有難う御座いました。

20090829153307

我が成舟のLIVEは…。
自分でも、不思議なくらい新しい感覚を見つけた瞬間でした。
この店の空間と音の中に自分がいられた事が本当に幸せでした。

1曲目:イルミネーション。
沢山の選択肢の中で、リハまで選曲には悩みました。
でも本能に導かれるように、この日のファーストチョイスはこの曲でした。
自分を支え、生かしてくれた方々への恩返しのような気持でした。
ああ、生きてるなと感じたおおきな一歩でした。

2曲目:SKY WALK。
何処にいても、何歳になっても、この曲は永遠に付き合ってゆく。
自分がヒゲずらのおじいちゃんになっても魂で歌う。
やはりSKY WALKでした。

20090829153306

3曲目:レイニーダウン。
東京の恵比寿のとある事務所に泊まり、書き下ろした曲。
今から、7年前。
強い雨が降っていた。
24、5歳まで、まともに有名アーティストの歌を聴いた事がなかった頃。
音楽のルーツや理論など一切考えず、自分にしか創れない物を創りたい。
それだけだった。
そして、その年にトレイシーチャップマンの曲に救われた。
この人と話がしたくて、彼女に届ける気持ちで書いた。
自分の葛藤。懐かしい時間が流れた。

4曲目:くるみボタン。
盛岡でできた新曲。
天国にいる大切な君へ。
くるみボタンを一つあげよう。
好きな花、月を並べて、
描く事をやめないよ。
ずっとそばにいるよ。

20090829153305



















5曲目:アフリカンコーヒー。
何故か、MCでS・Tさんの話をしてしまった。
昨年、言い争った事を思い出してしまいました(苦笑)。
結局、言い争える人がいることは素晴らしい事だと思う。
この曲なら、何処にいても届くだろう。

6曲目:RED MOON BLUES。
高知の路上で歌っていた頃。
仲間のマッチョというブルースマンに捧げた歌だ。
マッチョ、今夜はあんたのブルースが聴きたい。

最後の曲:今日の雨は、海の音に似ている。
東北、冬、言葉。
慣れない日々が教えてくれたのは、
変わらない事ってとても綺麗だという事。
変われない事も沢山あるけど、それも綺麗だという事。
それでも立っていなくては。
それでも立ち尽くさなくては。


20090829153304


全てのLIVE終了後。
アフターLIVEも良かった。
カバーで、(Super Butter Dog) の(サヨナラCOLOR)やりました。
(sora)さんのリクエストで、(ブロック)もやったな。
あとは(EVRY DAY)も歌いました。
そうそう、先月この店に来たとき、出会った20代の彼も来た。
中村 翔。
やばい、やばい。
うまいな~、変わった声やな~。
あんたいい!
ちょい、酔っ払いましたね。
そして、今野大輔、阿部たかのりと歌う。
そして、忘れてはならぬ我がH兄が一曲。
今年に入り、【熱風亭】という新バンドを結成したH兄。
(本能)という新曲を歌ってくれた。
兄貴しぶい。しぶい。しぶいよ~。
連日飲みで、ふと≪いせや≫事件を思い出す。
ああ、幸せ~。
最後は、東京のお父さん、阪本正義さんが名曲を披露。
感動。
マスター中村さんも一緒に飲みながら聴いていた。
いい店になりましたね。
何回もいいますけど、6周年おめでとう御座います。
またやりますよ。
若手にまけたらあかんな~。

其の三:(パンク事件)に続く…。


スポンサーサイト
20090829121034

今年の夏休みは、本当に濃かった。
一週間近くの東京滞在でしたが、先月に続きH兄さん家に泊まる。(今回は嫁も一緒)。
しかし、初日からぶっ飛びでした。夜行バスで東京入りし、(朝6:30頃)到着。
H兄に再会するなり、H兄のぶっ飛び企画に我が家は賛同。
それは、「昼間に吉祥寺の≪いせや≫で飲んでみたいんよね~」という企画。
正直、バスの疲れもなくはないが、H兄はその日仕事が休みだったので、今日を楽しもうと…。
そう思い、吉祥寺の井の頭公園へ3人で歩く。
っとその前に、まずはお茶をしようとゆうことでH兄おすすめのオシャレなカフェへ。
ん?ここ?いいやん。え?H兄たまにここで一人でお茶してんの?
しぶいね。以外や…。ここで、一人で曲考えたりするのかな?

20090829121033



















店内から見る、緑の景色は悪くない。
心がスーッと落ち着く。
僕はアイスコーヒーを頼む。嫁とH兄は、ちょっと変わったジュースを頼んで、
「これは、うまい!!」っと何回も飲み比べをしていた。
少し、涼しんで落ち着いた所で、
さ~ていざ≪いせや≫へ!!

20090829121032



















≪いせや≫。夜は飲みに来た事があっても昼間に来たことはなかった。
3人共、いきいきした顔で、
「すんませーん、瓶ビール下さい」
「あと串焼き~」
気分良く頼んだその数分後、何者かが怒りのオーラと共に接近してきた。
その瞬間!ドーン!!ドッ、カン!!!
え?今何が?…。
気がつくとテーブルの上には、瓶ビールが突き出され、串焼きも怒りを込めて到着。
その女性店員は、かなり機嫌が悪い。
3人目を丸くし、だんだんクスクス笑いが込み上げてきた。
こんな店員久々に見た。
その女性店員は、そのあと僕ら3人のテーブルの真後ろのテーブル
(嫁と背中合わせ)に座り、はしをはし入れにいれる作業をしていた。
(そうか…、はし入れ作業の邪魔するなという意味か?)
(いや、昼間から飲んでんじゃねーよ!っという怒りか?)
僕の嫁は、そういう人にビビッてしまう為、電気ショックを受けたように肩を震わせた。

20090829121031

「たまらんわ~、なんやあの不機嫌さ。えいわ~」
ここにまた一人変態がいた。
そうH兄である。
僕も嫁も、なんだあの態度はと思っていたが、H兄は違った。
「いいね~これぞ いせや やね~」
っとマゾっけたっぷり。
「あなた変態やわ~」と僕がいい、嫁も大爆笑。
そして、3人はことごとく注文の品が来るたびに怒りの獲物を差し出され、
その行為に慣れてゆく。
慣れとは恐ろしい(笑)。
そして、酒はすすみ恋話や、音楽、付き合う人との3題条件など笑い話満載でした。
すると、最後に女性店員が持ってきた瓶ビールに奇跡が起きた。
スーーーーーーッ、コト…。
えっ???
今、優しく置いたよね?
3人共その瞬間を逃さなかった。
いいとこあるじゃん。
最後の女性店員の行為は、10回中1回くらいの割合だが、その「1」が可愛かった。
≪いせや≫美味かったよ~。

20090829121030

そのあと、更に3人はぶっ飛んでゆく。
嫁が「カラオケ行きたい~」っという。
H兄が「行くか?」という。
僕は「えいよ。行くか?」という。
もう完全なる酔っ払いである。
カラオケに着くと、3人とも酔っており、混んでもいないのに受付でかなりの時間がかかる。
その後、ライブを見に来たように歌に反応し、「オーイエー」とみんなで叫び、踊っていた。
もう完全なる酔っ払いである。
そして、まだまだ企画は続きコーヒーを再び飲み、H兄の知り合いの店へ行く事になった。
しかし、僕はその辺りからかなり酔いが回り気持悪くなっていった(笑)。
気がつくと、ボタン屋さんを発見!
へ~吉祥寺にこんな店あったっけ?
3人共、店内に入り嫁はボタンを買った。
僕の嫁は、東北へ行ってからボタン作家として、ボタン作りに励んでおり、
盛岡市の、喫茶店やクラフト市等に出店している。
さぞかし、参考になった事だろう。
それでも僕らは、完全なる酔っ払いに変わりはなかった。
その後の、H兄の知り合いの店では完全に僕はグロッキーとなり、
H兄の知り合いのDさんに、笑顔で話せず、ただただ食べ物を見るだけだった。
Dさん、次行く時は、空は水色の歌の話をしましょね~。
申し訳ありませんでした。
次は、ちゃんとした状態で飲みに行きます。

そして、ふと、明日はライブだぞ!っと自分に言い聞かせ、その夜は早めの床に着いた。

其の二:LIVE編に続く…。


20090806215804
20090806215803
20090806215802
20090806215801

その夜、STAX FREDに到着。

その看板の前に立った時、意外に懐かしさではなく新しさを感じた。

新たな出逢いのような気持ちだった。

その店の入り口から漂う雰囲気が沢山の出演者や、お客様、

マスターによって創りあげられた大きさがあった。

カッコ良かった。

扉を開ける。

LIVE中…。

真っ暗闇の中、ステージとマスターのいるカウンターだけ光が灯る。

カウンターで先に支払いをと思い、そちらへ向かう…。

ふと、マスターは不思議そうな顔でこっちを見ている。

まだ成舟と気づいてないようだ。 いや、誰だかわかってない様子だ…。

少しずつ近ずくと…。

細めていたマスターの目が一瞬大きく開き息を飲んだ。

「今日だったっけ?」

「明日かと思ってた」。

小さい声でささやいた。

「今日です。明日は帰らないといけないんで」。

ほぅ~っという顔をしていた。

事前に簡単にメールはしておいたが、やはり沢山の出演者やお客様とのやりとりを繰り返している

日々であろうこの方の多忙さを想像すれば当然だろう。

誰がいつ、どのタイミングで来るかなんて構えて待っている店のマスターなんていないだろう。

ましてや日々と戦っていれば尚更。

今、そこにあるステージをマスターは見届け見極めなくてはならないのだから。

僕も驚いた。マスターは、また痩せていた。

お酒を注文し、まずは客席へ行く事に。

今度は、出演者とお客様の間の空間に自分がどれだけ酔いしれるか、興味深かった。

偶然にもこの日の出演者4組中、2組が高知出身だった。

神様からの贈り物だった。

一気に、2つの故郷に音楽で触れ、焼酎ロックはまわった。

高知出身の2人は、東京にいた頃から知っている2人。

変わったもの、変わってないもの、変わって欲しくないもの、全てが生きている意味だ。

同じ波の音を聴いた事がある故郷の音にまた一つ感謝した。

生きてる事の実感…。

そして、最後に登場した新たな出逢い。

びっくりした。

お酒もまわってきてたんだけど…、どこの外人さんかなというような雰囲気。

ギターのテクニック、テンポ、余裕なステージング。独特の声。

いるね。やっぱ。個性的な歌唄いは…。

最後まで、リズムとステージングは途切れる事はなく、彼はさらりと歌い終えた。

気持ち良かった。

最後の彼が終わり、一度店を出た。誰とも話したくなかった…。

一人でたった今感じているものは何なのか確かめたかった。

しばし、付近を散歩。

できるだけ酔いだけで、出演者と話したくなかった。

しばらく歩き、店に戻る。

そこには、お客様とワイワイ話している出演者達。

お酒を作るマスターが、その時間の中で生きていた。

いいもんや。

僕は、こんな素敵な空間で歌わさせて貰ってたんやなぁ。

それから、出演者と話し、少し歌ってみたりし、最後は、3人が残った。

マスターと僕と最後に歌った彼だ。

20代、30代、40代とちょうど年代別に並んでいた。

えっ、最後の出演者の彼は、20代?

参ったね。

俺が20代の時は、無知すぎてあんなステージはできなかったよ(笑)。

とにかく音楽について語った。

帰ろうとマスターが言った時は、もう朝の5時だった。

「6周年おめでとう御座います」。「来月宜しくお願いします」。

「帰ります!!」。

そう言って店をでた。

うわ、明る!

目の前の映像がななめになって見えた…。

酔っている自分に気がつく(自分に笑う)。

新高円寺から、Hさん宅まで歩いた。

40分くらい歩いたかな…。

その道のりは、高知~東京~秋田~岩手、全部を振り返っていると時間が足りないくらいだった。



※【2009/8/22】は、東京のこのお店でLIVE致します。
 
【新高円寺:STAX FRED(スタックスフレッド)】
 
杉並区梅里1-7-1 丸山ハウスB1F

TEL:090-9316-8195
 
☆地下鉄丸の内線「新高円寺駅」徒歩2分。
  
☆JR「高円寺駅」徒歩12分。

(OPEN/18:30)   (START/19:00)  2000円+1ドリンク

出演者:ヤマネコ/春山 弘臣/今野 大輔/成舟/阿部 たかのり





20090803044813
20090803044812
20090803044811
20090803044810
20090803044808


前の晩、あまりにも眠れず結局朝は早起きした。

気持ちが高ぶっていた。

朝、シャワーを浴びて気がつくと…、ん??

えっ??もう行くつもりか??

自分に言い聞かせながらも着々と準備をし、Hさんのギターを借りていざ出発!!!

AM 10:00くらいかな。

こうなると朝から歌うという事ですよね?

自分に問う。

オフコース!!

赤い折りたたみのチャリを借り、井の頭通りをひたすら直進!!

全ての景色が懐かしく新鮮だった。

そして、井の頭公園到着。

んん~~、いい。

とにかくチャリで一周してみた。

気持ち良かったなぁ…。

ただ、最近ではこの公園も厳しく規制が入り路上やフリーマーケットもできなくなったとか…。

少し、寂しいね。

昔、自分が歌っていた橋の手前の場所近くには、至近距離に茶屋が新しく建てられていた。

ここでは、もう歌えないな。

何回も、客観的に見てみたが…、やはりここはもう歌えない。

そう思った。

これでいて、結構路上の場所探しはうるさいのである。

決めた。卒業しよう!!

新しい場所探そ。

気持ちがのる場所で歌わなくては意味がない。

実は、もう一箇所好きな場所がある。

ぐる~っと井の頭公園駅の方までいっちゃうと、結構綺麗な場所がある。

開けた場所。小さな川を挟み、ベンチがポツポツと並ぶ場所。

ここや。

ここならいい感じや。

早速ベンチに荷物を置き、ギターを弾く。

う~んいい音や。

そして、歌いました。

午前中の日陰。

静かな場所にあわせて、あまりシャウトしない曲をやった。

10曲くらい歌うと、ふと、目の前の小さな川?池?で子供達が遊びはじめた。

更に、気がつくと結構な至近距離に、子供連れのお母さんがシートを広げピクニックを始めた。

へぇ~、俺の曲でピクニックできるんだ。

うるさくないのかな?

不思議だった。

何曲やったかは、覚えてない。

即興もどんどん浮かぶ。

なんかいちいち気にしてなくていいね。

っと心の中で、隣のピクニック組にささやいた。

成舟の曲が、BGMか…。

悪くないね。

夜のライブハウスがますます楽しみになった。

お昼を過ぎ、お腹が減ってきたので終了した。

有難うな。

大好きな森。

気持ち良かったよ。

有難うな。

また来るからな。


其の三へ続く…。
20090803035714
20090803035713
20090803035712


先週起きた奇跡の3日間。初日。

先週、今勤めている会社から出張の指令があり湘南でみっちり研修をしてくる事に。

研修は正直、疲れたな。勉強、勉強また勉強。つまり勉強でした。

ただ研修後お休みを頂ける事になり、奇跡が起きました。

久々に東京に寄って帰れる。来月のLIVE前に今の東京の音を感じたかった。

そして、STAX FREDに6周年のお祝いを伝えたかった。

会いたい人は沢山いるのだが、今回は欲張らず、まずシンプルに見えるものを感じようと思った。

そして、吉祥寺で降りパルコの地下の《HMV》で試聴。

東急の前を通り懐かしさにひたる。

不思議や、吉祥寺という街に今も住んでいるようだった。

そして、久々の再会第1号。T君。

井の頭線のとある駅に降りドトールで待っていた。

電話がなる。

「せぇ~しゅう、久しぶりやな」。久々の和歌山弁が心地よかった。

この人だけは、僕が東京をでる時、何も変わらないリアクションだった。

「おぅまたな。また会うやろ」。そんな感じが良かった。

そして、再会も、そんな感じだった。

まるで昨日も会ってたような感じで…。

この人はほんまにやるな。

しばらくするとまた電話がなる。

「あの~準備ができましたので来て下さい」。大阪弁の聞き慣れたイントネーション。Hさんだ。

そしてT君のバイクの後ろに乗り家に向かった。

なんか塾をサボった中学生みたいな気分だった。

家につくと、早速T君が「今日は俺が、鍋作るから2人ともそっちで座って飲んどけ」。

「俺は、バイクやから、飲まんから、2人で飲め」。

そういうと、台所にまな板を難しい角度で設置し、手際よくネギを切りはじめた。

ただ、こちらとしても久々に会ったばかりだったので、隣の席で先に飲みはじめるのは…、

と思い、作っている所を見ながら飲む事に。

すると、Hさんも参加し、「おいT、ここの台所の上の棚の扉に頭ぶつけるなよ。危ないからな」。

「俺は、何回もやってるから、せやからちゃんと閉めとけよ」といい。

その後、言った通りT君は頭をぶつけてしまった…。(あや~痛い!!)

そしてまた復活し、T君が「H君、醤油はどこよ?」という。

ふと気がつくと、黒いTシャツを着た2人の男が台所を動き回っていて…、あれ?

そういえば、俺も黒のシャツや…(笑)。

なんか笑えてきた。

ここは、東京の中のとある居酒屋のように思えてきた。

しかも、男3人黒で統一した、居酒屋【男湯】みたいな名前が浮かんだ。

もちろん、一見さんや、女性が入りずらい居酒屋。そう、男の熱気で溢れた【男湯】や(笑)。

そんなこんなしていると、「できたで~~」。

T君の嬉しそうな声が部屋中に響いた。

そして当の鍋はというと…、「う、うま~~~い」

ひたすら「うま~い」を3人は連呼しながら、がっついた。

ほんまにうまかった。

そして、お酒はいい感じに進み、男3人音楽の話しやゴミの分別の話しやカンの潰しかたや、

T君が富士山に登った話やらで話題がつきなかった。

それから、それぞれの新曲の御披露目会が始まり素敵な再会に酔いしれた。

感謝感謝。この感じこの感じ、東京やな。

そして、2日目の目的は決めていた。

昼間は井の頭公園で歌う。

夜は、新高円寺のSTAXFREDにLIVEを見に行く。

今のSTAXがどんな顔しているのか気になってしょうがなかった。

その夜、全然眠れなかった。

まるで、幼少時代の遠足の前日みたいに、眠れなかった…。




其の二へ続く…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。